カテゴリ:7歳( 3 )

15年目のブルーライト

今日は9月11日で日曜日でアカルの週末日本語学校の初日で9・11のアタックから15年目の記念日である。私は15年前のあの時ニューヨークにいて川向こうのクイーンズだけど大きくて真っ黒い煙が数日マンハッタンから流れてくるのを見ている。でもそれについてはもう書くことは何もない。それからあまりにも多くのことが世界で起こって、ますます加速しているので、私なんかが9.11について話せることなんかこれっぽっちもない。

でも今年は初めてアカルとワールドトレードセンター跡地から毎年この日に放射される2つの青いライトを見に行った。と言ってもクイーンズの自宅のすぐ近くの高台になっているところだけど。そこにはあの時にこの町からワートレに出動して亡くなった消防隊員の人たちのメモリアル石碑もある。そこで手を合わせてアカルに何があったのか簡単に説明して二人でハイウェイの向こうから伸びる青いライトを見た。ノースタワーとサウスタワーの2本の長くて強い青いライト。

その広場には第2次世界大戦と朝鮮戦争とヴェトナム戦争の戦没者の名前を刻んだ慰霊碑もあった。こんな小さな町からはるばるアジアに行かされて命を落とした人がいるんだなと、何だかあっけにとられてしまう。彼らに一体何がわかっていたんだろう。何の罪があったんだろう。

それから一人でNHKのEテレ番組をネットで見た。アフガニスタンで用水路を作った医師の中村哲さんのドキュメンタリー。前も似たような番組を何度かユーチューブで見たことがあったけれど、ところどころ知らない話も出てきてやはり心を動かされた。9.11の後、復讐の熱にかられた米軍がアフガニスタンを空爆したころ、アフガニスタンはかつてないほどの大干ばつに苦しんでいた。ただでさえ目の前で人が死んでいくような悲惨な状況のところに米軍は爆弾を落としたと知って愕然とする。

中村哲さんは手記で「瀕死の小国に世界中の超大国が束になり、果たして何を守ろうとするのか、私の素朴な疑問である」と述べている。何度もその言葉を頭で繰り返してため息をつくのみだった。

来年はもっとアカルに説明ができるようになっていたらいいな。

「武器ではなく命の水を ~医師中村哲とアフガニスタン」

https://www.dailymotion.com/video/x4sva35_%E6%AD%A6%E5%99%A8%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F-%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%B0%B4%E3%82%92-%E5%8C%BB%E5%B8%AB-%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%93%B2%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B320160910_news
[PR]
by flyingbocian | 2016-09-11 21:53 | 7歳

日本語な気分

メモリアルデーは夏のはじまり。
週末の町はとにかくバーベキュームード満々である。

うちもささやかに人に呼ばれたり人を呼んだりする中、私の心は日本への里帰り準備のあたりを浮遊している。それはどちらかと言うと、ささやかに悩ましいことの方が多い。私の性格は「準備」というものを激しく厭うのだ・・・。

まずお金のこと。ため息。一人ならまだしも二人。それもハイシーズン。近所にもう知り合いがいないので、いつも日本中を走りまわることになる。でもまあ仕方ない。

それからアカルの学校のこと。体験入学をさせてあげたいのだけどだんだん深まる語力の溝をどうするか。ああ、今年もまたひらがな、かたかなが終了できなかった・・・(もっとがんばれ、私)。

病気の父のこと。などなど

そしてこの時期、やはりアカルには日本語で話しかけなきゃと焦るのだが、そんな私の気持ちを自然に受け止めてくれたのか、アカル氏はこのメモリアルデーの週末から急に日本語を会話に挿入してくれている。

「もう夏じゃないか」

「明日からもっと水をボトルにputして。もうバカ・ブー(ブーというのは私のこと。私は時々自分のことをバカ・ブーと呼んでいる)」

「オレ、ざる(そば)お願い」


彼の日本語はいつも渋い。

ああ、もう夏じゃないか。
[PR]
by flyingbocian | 2016-05-29 02:28 | 7歳

日本人とか

アカルは昔から時々こういう言う。

「ママがまだ小さいころ、ぼくはママのおなかにいて、ぼくたちは日本にいた」

「ママが小さいころにはアカルはおなかにいなかったよ。赤ちゃんには赤ちゃんができひんのや」

そしてああ、そうかって言うんだけど、また同じことを言う。何かを勘違いしているのか、何か憶えているらしい。

「でもママは小さいころ、日本にいたって言ってたよ。だからぼくたちは日本から来たんだ。」とか言う。

アカルには自分が日本人という概念はあまりない。でも私が日本人でアメリカ人ではないということははっきりしているようだ。

時々、路上で知らない日本人親子などとすれ違うことがあるとアカルはすごくびっくりして嬉しがる。「日本語しゃべってる。ぼくたちみたい。(アカルは日本語を日常生活でほとんど話さないんだけど)」

アカルにとって日本人とは日本語を話す人、日本に住んでいる人、住んでいたことのある人、日本人の親を持つ人のことを指すみたい。そしてそのことにぼんやりとした愛着を感じている。

「あの人たち日本語話してたよ!」
「そうやなあ、ママみたいやなあ」
「ママとぼくみたい、でしょ?」
「そうやなあ」

日本人である意識とかって、そんなもんでいいんちゃうかなあ。
b0166613_2353221.jpg

[PR]
by flyingbocian | 2016-05-28 23:55 | 7歳


異国のNY砂漠で子育てを乗り切るため睡眠を削って綴るもしかして爆笑もしかして涙ほろり日記


by flyingbocian

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自分のこと
妊娠と妊娠するまで
生まれたてから1ヶ月まで
2ヶ月目と3ヶ月目
4ヶ月目
5ヶ月目
6ヶ月目
7ヶ月目
8ヶ月目
9ヶ月目
10ヶ月目
11ヶ月目
1歳
1歳半~2歳
2歳~2歳半
2歳半~3歳
3歳~4歳
6歳
7歳
日本のこと
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

フォロー中のブログ

空とぶこうのとり

お気に入りブログ(外部)

ブログパーツ

タグ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧