<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

・・・でぶ

最近ハッと気づくと昼の2時くらいまで何も食べてなかったりする。こう書くとものすごく偉いお母さんのように思われるかもしれないけど、マジで子供にご飯を食べさせたりしているうちに自分が食べるのを忘れてしまうのだ。

朝にヨガを教えることが多いので、時間に追われているということもある。クラスを教えている間はもちろんつまみ食いなどできないので、自然に昼過ぎまで何も食べれない。でも考えてみれば昔から割りにそういう食生活(朝食べず後でドカ食い)だったから特に苦にはならないけれど、最近何故だかこれが、お腹まわりがどんどん大きくなって妊娠中みたいになってきた。これはものすごい苦である。

特にこの1ヶ月がすごいので、しばらくは本当にまた妊娠したんじゃないかとおびえていた。少し遅れて月光仮面さんはやってきたのでホーーッと胸はなでおろしたのだが、てことはただの肥満?とがっくりしてしまった。食べる前と食べた後の差がすごいこともあるし、ちょっとしか食べていないのにいきなりブクーッと膨らむこともある。一体なんなんだろうか。きっと若くないのよ、自重しなさいってことだろう。ぐすん。。。

我が最愛のアカル氏もようやく1歳になろうとするこの頃、親子ともに少しずつ余裕がでてきたように思うが、歩き始め、本格的にいろんなところに触ったりよじ登り始めたりしたので、あまり余裕をかまして不慮の事故などが起きたりしないように自分を戒める毎日でもある(アカルが一人で階段を登っていってもついて行かないで、ネットしながら下から「あぶないよー」と言うだけとか)。しかしそれにしても特に朝と夜は親子バトルで、両者ともトリックをかまし合いながらの大接戦なので(何してんだか)、日々特に何もしてないのに時間はさらさらと流れていく。

一番キレるのはやっぱり夜中に何度も起こされることである。それも私とアカルのノンレム睡眠のサイクルがうまく合わないので、一番深い眠りに入ってるときに起こされてその後グースカ寝ているヤツの横でずっと眠れないのが本当にむかつく。1歳にもなるのに未だに4~5回は起きるなんてひどすぎると思う。それもアカルの場合、寝相がものすごく悪くてどうしてもズンズン上の方に進んでいってしまって頭をベッドの柵にがんがんぶつけて起きてしまうのだ。何度ベッドの一番下まで引きずって下ろしても、芋虫のようにニョロニョロ戻ってしまう。起きたら有無を言わせず口の中に哺乳瓶をくわえさせて黙らせるのだが、たまに全部飲んでしまって品切れの時もある。そんなときは口とほっぺとあごに、ブチュブチュと有無を言わせず50回くらいキスをして黙らせるのだが(本当)、最近はマジで怒って両手でバシバシ顔を叩いたり、両足でお腹を蹴られたり、言語化される前の野生の罵声を浴びせられるようになった。でもこの顔がかわいくて思わずサドのスイッチが入ってしまい、時々はぐっすり寝ているのにブチュブチュ攻撃をしてしまう。

矛盾するようだがやっぱり赤ちゃんて本当にかわいい。

こんな完璧な人間が自分から生まれてしまったなんて今でも信じられないというか、悶絶に感動である。
第2子の育児は往々にしてものすごく手抜きで大雑把になるらしいが、それはこの「信じられない・・・感動ブルブル」がなくなるからじゃないだろうか。「そうよ、子供ってかわいいもんなのよ」みたいな感じで。「このくらい手ェ抜いたって死なへんわいな」ってなもんなんだろう。楽そうだけど何だかつまんなさそうでもある。

アカルは寝てて起きると、何故か即座に正座をして泣いたりする。眠るとき私の腕に手を回してきたりもする。かわいいでしょ?そういうとき私は心が震えてもう奴隷になってもいいとか思っちゃったりする。私たちはまだ当分第1子マジックにかけられたまま身動きできないのが続くだろう。

それにしても旦那の溺愛ぶりと忍耐はすごい。アカルが将来甘やかされて腰抜けのならず者になったらどうしようと思うくらいだ。私は旦那が仕事から帰ってきたらほとんど完全にバトンを交代してしまうので、彼は本当にゆっくりする時間がない。それでも文句を言わず、何度も階段を昇ったり下りたりするアカルに付き合ってニコニコしてるので「ここにフェンス立ててブロックしなよ、疲れてるんやから」と言うと「いいんだ。ずっとベビーが欲しいと思ってて今ベビーが授かったんだから」と言う。そう言われるとそうだなと感心して、暖かく二人を見守りながら一人クリスマスクッキーを食べる私だった(ひょっとしてこれが・・・)。

さて外は吹雪である。白夜のような明るさにだまされて、ついついどうでもいい長文を書いてしまった。そんなことよりも多分でぶ現象の一因である、睡眠不足とワインの飲みすぎを自重すべきだったのかもしれない。
[PR]
by flyingbocian | 2009-12-20 15:46 | 自分のこと

大人と同じ

彼は最近、哺乳瓶のフタを閉めようと何日もずっとがんばっている。
でもフタと哺乳瓶の大きさがほぼ同じなので、長らく生きている私でも一度では閉められないシロモノだからかなりの難関である。カチッというまで押す力も彼にはまだない。

もう一つのフタ付きコップのフタはやわらかくて大きめなのでそれを渡したら、がんばってすぐにちゃんと閉められるようになった。

でもまだあきらめずに哺乳瓶をいじくっているんだけど、もちろんできなくてギャーと泣きはするものの、しばらくするとまたカチッ、カチッとフタを下にして哺乳瓶を押し付けている。そしてまた怒って投げつけて私の顔にぶち当たったりもする。よく考えたら私たち大人が、鬱だとか、いらいらするとか言ってギャーとわめくのもこのような構造のものなのかもしれないが、大人はなかなか過去を忘れないのでアカンボのようにはいかない。忘れる才能を忘れてしまったのだ。

この間、ランチに行ったレストランの床でつかまり歩きさせてると、急に一人で横に二歩、よちよちっとカニ歩きした。最近つかまり歩きしてるときに、変に歩幅が広く膝を異常に高くあげて歩いたり、シュッスというバレエの爪先立ちのバランスのようなものをしてたけど、やっぱ予備練習だったんだろうか。

ごはんも自分用に作られてプラスチックのボールに入れられたものはなかなか食べないが、私たちが食べているものは犬のようにお皿に顔を突っ込んで食べようとする。牛乳を飲むようになったらよく寝るようになるとみんながいうので、まだ1歳にならないけど飲ませてみたら問題なくがぶがぶ飲んで両手をあげて喜んでたし、テレビでオペラを食い入るように見ながらしきりに顔を振って感心しているようだ。でも私が"so this is Christmas~"って歌いだすと唇をへの字にして涙をぼろぼろ流して嫌がる。何で・・・・??

何度歌っても何を歌っても泣くので、試しにビブラートなしにしたら迷惑そうな顔だけで泣きはしなくなった。失礼なやつだ。もうすぐ1歳になる。




b0166613_4145228.jpgb0166613_416924.jpg
b0166613_4164614.jpg

[PR]
by flyingbocian | 2009-12-17 15:24 | 11ヶ月目

ポーランド公園デビュー

アカルは最近眠るときに大暴れして私の顔の上に横たわってあごを噛むので困る・・・
今日はかなり痛かったので怒鳴ってしまった。


大人のベッドと柵を取ったベビーベッドがくっついたアカルのベッドルーム(乱れている)

b0166613_1523724.jpg


目覚めに自分で音楽をかける

b0166613_1541465.jpg


朝はりんご

b0166613_15233968.jpg




私の家から駅とは反対の方向に15分くらい歩いたところはマスペスと言って、ここ数年でポーランド人が急増した静かなエリア。いつもはポーリッシュ・デリにソーセージやパンを買いに行くくらいだったけど、今日は思い立って、てくてくストローラーを押して行ってみた。一応ハーフ・ポーリッシュのアカルにポーランド人の友達を作ってやりたいのじゃ~

わりと広くてとても綺麗なプレイグラウンドがあってアカルも大喜びでハイハイしてた(またまたカメラ忘れたので写真なし・・・)。40分くらいいてその間に15家族くらい見たけど、驚いたことに私以外はみんなポーランド人!!それもママさんたちはみんな若くて超きれい、子供たちも可愛い服装をしていて美人ばかり。いつもは色白と言われるアカルがものすごく黄色く見えた。そんでもってクイーンズの田舎なのにみんなバガブーとか高めでかわいいストローラーばっかりだった。いつも行く公園はパジャマの上にフリースを羽織ったような中国人ばっかだから、アカルも子供たちをじいーっと見てた(たぶん)。

がんばって隣のブランコで遊んでた親子に声をかけるも英語が全く通じなかったのでしょんぼりしてたら、とことこと勝手に他の親子に近づいていくアカル。ようやく他の美人ママに「このコ、何歳?」と話しかけられ、はりきってハーフ・ポーリッシュなんです、旦那がポーランド語で子供に話しかけてくれないのでポーリッシュのお友達を探してるんです、とベラベラ喋った。あらそう、お友達になりましょう、とは言ってくれなかったけど、日本人とポーランド人のハーフがいるんだなと興味深そうであった。時々ここに来て顔を覚えてもらって、がんばって友達を作るぞ。他の人達はみんな顔見知りのようだった。

NYにはいろんな人種がたくさん住んでいるけど、やっぱり人種で固まってしまうことが往々にしてある。移民の場合は特にそう。いつも行く公園でも中国人は中国人で固まってて、同じアジア人でも私が中国人じゃないとすぐわかるらしく、ほとんど話しかけてもらえない。そういうのって淋しいと思う。私はできるだけどんどん話しかけてばるべく多くの友達を見つけていきたい。

ね、アカル!

b0166613_15145475.jpg



b0166613_15151847.jpg

[PR]
by flyingbocian | 2009-12-05 15:30 | 11ヶ月目


異国のNY砂漠で子育てを乗り切るため睡眠を削って綴るもしかして爆笑もしかして涙ほろり日記


by flyingbocian

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自分のこと
妊娠と妊娠するまで
生まれたてから1ヶ月まで
2ヶ月目と3ヶ月目
4ヶ月目
5ヶ月目
6ヶ月目
7ヶ月目
8ヶ月目
9ヶ月目
10ヶ月目
11ヶ月目
1歳
1歳半~2歳
2歳~2歳半
2歳半~3歳
3歳~4歳
6歳
7歳
日本のこと
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

フォロー中のブログ

空とぶこうのとり

お気に入りブログ(外部)

ブログパーツ

タグ

最新のトラックバック

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧