<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

絵本2

最近電車の中で電子書籍を読んでる人をよく見かける。私もニュースはウェブ上で読むことが多いけれど、まずは音楽から始まった電子化の波は、いまや大手の新聞社や書籍出版社がつぶれてしまうくらいの危機をもたらしている。CDストアや新聞社がつぶれてしまってもあまり何とも思わないけれど(いや、新聞社はつぶれてはいけない)、本屋がつぶれてしまうのはかなり淋しいし第一実感が沸かない。絵本の読み聞かせのことを考えていると、絵本だけは電子化してはいけないだろうと思った。

実際、絵本とか子どもの本のことを思うと、なぜ本という媒介が大切なものかがわかる気がする。

その手触り、ページをめくる楽しみ、色や絵を手でなぞること、絵と文字の配置、本棚にしまうこと、何度も開いては閉じられること。デジタルよりも自然な五感を刺激される。兄弟や友達にお古としてもらってもらえたり貸し借りしたりできる。そういうものが子どもの、ひいては大人の人間形成に大切なのだ。デジタル本を読んで子どもを寝かせつけることなんてできないだろう。

図書館や本屋さんも同じことを考えたらしく、アメリカで人気の絵本作家Dr.Seussの朗読会をやったり大変なようだ。

b0166613_135823100.jpg


仕事で読まなければならない本、情報としてのみ必要な文章。そういったものはデジタルで読んでもいい。でも大切な本は”本”として読みたい。デジタルで読んで心に残ったら”本”として手元に置きたい。そう思う人が多いのは、デジタル本よりも”本”の方が本物で大切なものだとわかっているからじゃないだろうか。

オンラインで買うと本屋で買うよりずいぶん安いのでついついネットで買ってしまうけれど、たかが数ドルの差なら本屋で買ってあげたいと思う。毎回ではないにしても、歩いて他のお店ものぞいてコーヒーを飲むことだってできるしね。



次、アカルちんに買ってあげたい本。とってもかわいい。

b0166613_14153252.jpghttp://www.amazon.com/Its-Book-Lane-Smith/dp/1596436069






[PR]
by flyingbocian | 2011-02-28 14:17 | 2歳~2歳半

絵本

昨日はマイミクさんの集まりで、NYUの近くにある大きな集合アパートメントのコミュニティルームでママ&パパ&子どもが一堂に集まった。

気がつけば私もこんな集まりによろこんで行くようになったんだなー。昔から思えば考えられないけど。

まだまだ寒いNY、なかなか外遊びができないので他の子どもたちと走り回れる場所があるのはとてもありがたい。他のママさんともおしゃべりをして母もリフレッシュするという仕組み。

アカル氏は道中眠ってしまったのでしばらくストローラーで寝ていたが、「せっかく来たのに・・・」とつぶやく母に起こされてしばし立腹。テーブルに所狭しと並べられたお菓子から「カッキー(クッキー)」と指をさして求められ、なぜかストローラーに座って1枚食べ、また「カッキー」と立ち上がられ、再びストローラーで1枚、というのを繰り返されていた。

大体10家族くらいいただろうか。週末だったせいか、そのうち半分くらいはお父さんも来ていた。どのお父さんもさわやかな若者(?)で驚いたことにとても熱心に子どもの面倒を見ている。まあ、週末くらいやってもらわないとねー。私たちが遊んでいるマットの横になぜかすたすたとやってきたお父さん(建築家らしい)、さっとオレンジの携帯オムツ替えマットを広げるとバッと赤ちゃんスカートをめくって堂々とオムツを替え始めた。床はタイル貼りなのでところどころに敷かれているプレイマットの上に来たかったんだとは思うが・・・。それも大きな声でララバイのようなものを歌いながら豪快にワイプで拭いておられた。

あの、私、女の赤ちゃんのオムツ替えには慣れてないんですけど・・・
と勝手に頬を赤らめるこうのとりぼーちゃんであった。

部屋の中に並ぶたくさんのストローラーを前に「今度こういうストローラーを買おうと思うんだけど、君どう思う?」なんていう育児談話をしておられたお父さん方もいたらしい。ほー。ま、何度も言うけど、週末くらいは面倒みてもらわなくっちゃね。

その中にMさんというクイーンズはフォレストヒルズ在住の方がいて、初めてお会いしたのだが、3月から図書館で日本の絵本読み聞かせをやるという。うちからは地下鉄のエキスプレスで1駅のクイーンズきっての高級住宅街フォレストヒルズ。日本人がたくさん住んでいる。なかなか日本語を話さないアカルにはとてもありがたい企画なのでぜひ参加したいと思う。参加者の中で日本の絵本を貸しあったり、いい絵本を紹介しあったり、些細なことだけど特に海外在住の私たちには貴重な機会だ。そういえばうちの隣町、エルムハーストにもわりと多くの日本人が住んでいるもよう。私も図書館に相談して隔週とかでもそういう集まりを開いてみようかしらん。あ、そうだ、「デチタ」(私が所属しているスロービジネススクール関連の人たちがとても丁寧に翻訳・装丁・出版したモンテッソーリの育児本)をママさんたちに紹介しよう!

それにしても、アカル氏、全く起きてこないな、今日。もう朝9時半なんだけど・・・
昨日は結局昼寝はできず、夜の7時ごろ家に帰る道中でかの地に旅立たれ、それ以降何も食べずに眠っておられる。そのおかげで私もゆっくりブログを書いていられるので、なかなか起こす気になれない。


平和は赤ちゃんから始まる
「デチタでチたできた!」
b0166613_2215934.jpg

とっても暖かい本です。子どもの願いはいくつになっても「自立するのを手伝って」だそうです。
スロービジネスのウェブサイトが今ダウンしているので、関連団体のウェブサイトを載せておきます。
海外からは買うのが難しいのですが、私が4月に帰国した際に何冊か手に入れてきますので、NY在住の方で興味のある方は連絡してください。ちなみにこれは絵本ではなくてママ、パパ、もうすぐ親になる方、もしくは興味のある方ならどなたにでも読める本です。

http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=27075714
http://www.windfarm.co.jp/news/post-2701
[PR]
by flyingbocian | 2011-02-27 23:41 | 2歳~2歳半


異国のNY砂漠で子育てを乗り切るため睡眠を削って綴るもしかして爆笑もしかして涙ほろり日記


by flyingbocian

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
自分のこと
妊娠と妊娠するまで
生まれたてから1ヶ月まで
2ヶ月目と3ヶ月目
4ヶ月目
5ヶ月目
6ヶ月目
7ヶ月目
8ヶ月目
9ヶ月目
10ヶ月目
11ヶ月目
1歳
1歳半~2歳
2歳~2歳半
2歳半~3歳
3歳~4歳
6歳
7歳
日本のこと
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

フォロー中のブログ

空とぶこうのとり

お気に入りブログ(外部)

ブログパーツ

タグ

最新のトラックバック

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧