<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Learn From 3.11第3回目イベント2月22日に開催します

第3回Learn From 3.11 知ることからはじめよう
新しい年が明けてホッとしながらも、どうしても去年起こった3.11のことを考えずにはいられません。
NY在住の日本人女性たちで立ち上げたLearn From 3.11も今回でイベント3回目で、被災地での心理ケアについてみなさんと情報と気持ちをシェアしたいと思います。

復興、復興とはやし立てる声がよく聞かれますが、外側の復興と内側の快復の両面でバランスを取りながらゆっくりやっていく必要があるように思います。長かったような短かったような、遠く離れたNYで直接被害にあった方々に面識のない私ですらそれなりに傷つ、涙した一年。被災地の人たちの心境やいかに・・・と思います。とにかくも本当に大変だと思う。やはり人の気持ちの快復には時間と労力がかかります。みんなで少しでも現状を知っていくために、被災地で国境なき医師団とともに1ヶ月を過ごされたクリニカル・ソーシャルワーカーの桐畑美香さんをお招きしてお話を聞き、その後はじっくりと時間を取って参加者みなさんで軽食をつまみながら歓談・情報シェアをする交流会の時間を持っています。ぜひいらしてください。

参加は予約制となっています。
learnfrom311@yahoo.co.jpまでお申し込みお願いします。


====================

第三回、Learn From 3.11 知る事から始めよう。

東日本大震災から1年、「心の被災、被災者と支援者への心のケア」
~南三陸町での1ヶ月:国境なき医師団とともに被災地での心理ケア活動に従事して

ゲストスピーカー:桐畑美香(クリニカル・ソーシャルワーカ
ー)


日程:2月22日(水)6:30pm 開場  6:45pm 開始
場所:日系人会ホール:15 West 44th Street, 11th Floor (bet. 5th & 6th Aves.)
会 費:$15(ブッフェ式軽食を含む。)
参加申し込みは、メールにてお願いしま す。
Email: learnfrom311@yahoo.co.jp
(男女を問わず、どなたでもご参加下さい。)

私たちの活動も第三回目を迎えました。
今回は、「心の被災、被災者と支援者の心のケア」に光を当てて、皆さんと話し合う場を持ちたいと思っています。
もう既に「震災関連死」と認定された方々は、1000人を越えています。そして、その中で、震災関連自殺者は、昨年末までで49人にものぼります。せっかく震災や津波も乗り越えた命が、無惨になくなっていくのは、つらい事です。

私たちNYにいる者たちには、どうすることもできないのかも知れませんが、被災者の心に寄り添い、その事について知り、考える事は、大事な事だと思います。これって、決して、被災者だけの特別な問題ではなく、何かのきっかけで、私たち自身もそういう状況下に立たされる事になるかもしれないからです。皆さんで学び、話しましょう。そして、どんな事が、一緒にできるのかを考えましょう。

*皆さんの活動をサポートします。
3月に、色々な団体がイベントを計画されているかと思いますが、私たちは、一足先に2/22にこのような会を持ちますので、皆さんの支援活動を紹介するコーナーも設けております。
もし、3月に何か支援イベントを企画されておられるなら、ぜひ、お知らせ下さい。チラシとかもございましたら、本会で配って頂いても構いませんので、よろし
く。

b0166613_2057943.jpg
>Email: learnfrom311@yahoo.co.jp
[PR]
by flyingbocian | 2012-02-03 20:57 | 日本のこと

ごまをすりながら

  最近少し小ぶりのすり鉢を買ったのでよくごまをすっている。このごろのすり鉢は底にシリコンみたいな素材で円状にコーティングしてあるので、そのまま台の上に置いてもガタガタせずにちゃんとすれる。

  小さい頃、すり鉢を支えるのは私たち兄弟(本当は姉弟妹)の仕事だった。母はごまが好きだったので、よく濡れ布巾を下に敷いてすり鉢を置き、私たち子どもに支えてもらってごまをすった。そこへ醤油と砂糖を加えて、三度豆(いんげんまめ)やら、きぬさや(さやえんどう)やら、ほうれん草やらを入れて和えた。そうやってできた和え物をお皿に盛り付けるのだが、すり鉢のギザギザにごま和えのソースがくっついて少しだけど残ってしまう。母はいつもそこに炊きたてご飯を入れて混ぜ合わせ、ごまおにぎりを作ってくれた。もったいないという気持ちがあったんだろうけど、私たち兄弟はごま和えよりもこのごまおにぎりの方がすきだった。

  後年母が病床に就いていた頃、私や妹が家族の晩ごはんを一応は作っていたのだが、入院先から時々帰ってきていた母は私が台所に立つ姿を見てこう言った。
「あんたたちの料理は、煮物、焼き物、炒め物と何でもあるけど、和え物つうのがないなあ」
「和え物?」
「和え物はな、サッとできるしあっさりしてるし、いいんやで。でもすぐ食べなあかんけどな。次の日とかになったら水が出てくるから。」

  私は今もあまり和え物は作らないが、すり鉢を買ってからよくごまをすって茹でた野菜に混ぜ合わせるようになった。作り始めると、さすが母の言う通り簡単に1品を増やすことができるしいろんな野菜が食べられる。ごまだけでなく、お醤油と鰹節で和えたり、梅干をつぶして鰹節や刻み紫蘇で和えたり。母は酒飲みだったからよくこういったものを食べていた。

  そんなことを考えながら今日は茹でブロッコリーのごま和えを作った。私は砂糖は使わないので蜂蜜と小麦粉不使用のたまり醤油を入れた。子どもはまだごまが好きではないので、小さいおにぎりは私が食べた。
[PR]
by flyingbocian | 2012-02-02 19:35 | 自分のこと


異国のNY砂漠で子育てを乗り切るため睡眠を削って綴るもしかして爆笑もしかして涙ほろり日記


by flyingbocian

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
自分のこと
妊娠と妊娠するまで
生まれたてから1ヶ月まで
2ヶ月目と3ヶ月目
4ヶ月目
5ヶ月目
6ヶ月目
7ヶ月目
8ヶ月目
9ヶ月目
10ヶ月目
11ヶ月目
1歳
1歳半~2歳
2歳~2歳半
2歳半~3歳
3歳~4歳
6歳
7歳
日本のこと
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

フォロー中のブログ

空とぶこうのとり

お気に入りブログ(外部)

ブログパーツ

タグ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧